共感と意味不明で色んな芸人さんを見てみよう!

      2017/03/06

こっこです。
今後を語る上で、共感意味不明のバランスは大事だという話題について続きを話すよ。
まだ読んでない人はこれらの記事を読んでね。多くてごめんね。
全員の共感は必要?これからの共感とブルゾンちえみ

【芸人さん必見?】ブルゾンちえみの秘密と今後のお笑いでバズるには

 

芸人さんのバランスを見ていくと、本当に面白いね。
2記事で完成予定だったけど、まぁこれはおまけとして楽しんでほしい。
ネタであったり、その人自身であったり、まあいろいろと見て行こう。

みんなも好きな芸人さんに当てはめて考えよう!
この芸人さんの話をしてくれとかあれば、@cocoinenまでネタのURLを添えてリプしてくれたら話すよ。

 

 

これからのメンタルを最初からもっていたおぎやはぎ

わたしが提唱してるこれからの働き方の基礎は無理に頑張らないことにある。
無理して長時間労働しない、別のものに稼いでもらう。
例えばお金や影響力。詳しくはこの記事。
お詫びにならないけど、滅亡論をわざと拡散させた、わたしのレンズを見せるよ

そんな雰囲気を、稼いでくれる別のものがあったかないか誰もわかんない最初の時点から出してるといえばおぎやはぎ。
仕事しに高級車で乗り付けたりしてたらしいね。
彼らの発言は本当に全然頑張ってない。

タモリさんも近い頑張らなさで、ヨルタモリとかかなり意味不明だし、すごく偉大な人なんだけど1人なんだよね。
所ジョージさんも1人。
おぎやはぎは2人なんだよ。笑

頑張ることが基本の日本人の中で、2人とも頑張ってないし、2人ともメガネ。
しかし別に激しいメガネ芸を毎回さしはさむでもない。
2人して意味不明。

とくに小木さんはヤバい。
共感とかそういう問題ではない。
疑問点をちゃんと回収してくれもしない。

義弟・森山直太朗がそれに苦しんでいる。笑

これによると、どうも、直太朗も意味不明サイドに行ってる。もうわたしたちに手がかりはないよ、諦めよう。

そしてそんな小木さんを矢作さんがめっちゃ愛している。

意味不明の塊であるおぎやはぎの席は彼らにしか座れないだろうね。
真似るのはかなり難しそう。

 

 

日本で1番勢いのあるバイ・カズレーザー

最初、Qさまに出てた時とか、頭いい若い人がいるなーと思いつつ、みんな疑問を持ったはず。
なんで赤いのか。意味不明。
なんであんな頭いいのか。
それぞれ理由があるだろうけどすぐにはわかんない。

聞けばバイセクシャル。
おう、そうなんだね…と思ってるうちに、彼が真をついたことを言う。

そこには共感どころか発見まである。
Twitterでたまに流れてくるよ。こんなかんじの。
このよくわかんない赤いお兄さんの言うことはなんか凄い!となってウケたんじゃない?

そして、紫っぽい相方がいることもみんな徐々に知る。
彼女は超太ってるけど、常識人ぽく、バランスがもっと良くなる。

 

 

 

さじ加減が意味不明だけど確実に共感を呼ぶ有吉弘行

有吉さんといえば言うまでもなくあだ名がすごかったよね。
ベッキーは「元気の押し売り」

みんながベッキーに対してはっきりは言わないけどうっすら思っていた感想を一言で表してる。
これはすごい共感を呼ぶ。
和田アキ子「リズム&暴力」とか。笑

でも、全員に対してそうはしてなくて、
ダチョウ倶楽部上島さんは「ポンコツ」
なんか小学生みたいなあだ名。

その緩急が面白さをまた呼ぶんだけど、基準は意味不明だよね。
高橋秀樹「迫り来る顔面」
徳光和夫「涙の安売り」
明らかに年功に媚びへつらってはいない。そのくらいしか一回聞いただけではわからない。
そこがまた、わたしのようなあんまり詳しくない人達ほどいけー有吉!となる。

それが有吉さんにしかできないさじ加減で、ああなったんだろうね。

 

 

 

意味不明さを自主回収 ゴー☆ジャス

え? と思ったあなた。
とりあえずこれをみて欲しい。
今までで一番衝撃を受けた意味不明の自主回収。

化粧、衣装、宇宙海賊というキャラクター、ネタ、全部意味不明
この海賊は、これで食っていくつもりなの…?という雑さ。
地球儀がないと生きてけないんだから、宇宙海賊っていうか地球海賊じゃん……?
みんなの心の疑問が募る。

それを全部
「訳わかんねぇだろ!!」
で回収してるww
理解してんだ一応、っていう。ちょっとホッとする。

たしかに、彼を一言で評するならそうなんだよ。
その言葉で共感をがっつり呼んで、なんかプラマイゼロみたいな感じにしてる。
でもいつまでも、宇宙海賊のことはなにもわからないし、多分なにも決まってない。笑

 

 

ピースはどうなるんだろうね?

又吉さんが芥川賞作家になるという、センセーショナルすぎる展開を迎えた彼ら。
共感もなにも、そんなコンビは初めてなわけだ。
なにをしても新しいという、すごい土俵。
当初の又吉さんのルックスの意味不明さとかはもうどうでもよくなってしまった。

しばらくその先生推しは強かったけど、今度は綾部さんがアメリカに行くと言い出した。

英語わからないらしいね。
しかもビッグになりたい、というぼやっとしたこと言ってる。笑
まさに意味不明。
すべらない話とかで話していたころは、まだ共感サイドにいたはずの彼も意味不明サイドへ。

その意味不明さが、さらに彼らへの注目度を高めている。
又吉さんの文才はどうやら圧倒的で、どうする綾部?!とみんな思うから、動きがあればすぐニュースになる。
それは強いよね。彼らの影響力のうちだよ。
泣いて日本に帰ってきても、むしろトランプに弾かれたら笑いになる。
成功したら、それこそ綾部さんも売れる本が書ける。

 

 

 

バランスのいいハイブリッドお笑い番組はこれだと思う

たくさんお笑い番組があると思うんだ。
わたしそんなに数を見てないけど。
あれ、もっとお笑い番組の姿勢は工夫の余地があると思う。

明るい雰囲気で、楽しいこと始まりますよー!っていうのが多すぎる。
ものまね番組とか。レッドカーペットも。
なんであんなパーっとしたのばっかりなんだろうね?
面白いものまだ見てないのに、パーッと始まる時の温度差が好きじゃない。
あの楽しさに共感しないとノれない感じ。
あれは全員に楽しい雰囲気をわかってもらいたいという、従来型の共感誘導。

 

その中で、意味不明と共感のハイブリッド感がすごかったのが……

あらびき団

笑。
あれは、もうヤバい域に入った人たちがヤバい芸当を繰り広げるカオスだよね。
あの人達と話したいかと言われると微妙。笑
あれが意味不明パート。

でも手前に東野さんと藤井さんがいて、わたしたちがとりたくなるリアクションをとってくれる。
なんなんだこいつはという顔を終始している。
あ、わたしの目はおかしくないんだなと安心する。笑
これが共感パート。

圧倒的な数の意味不明を、
安心感のある2人のリアクションによる共感で一個一個、まぁ、なんとか処理してる。笑
だんだんあの次元に慣れても、ほんとにあらびきな芸が迫ってくるから、毎回理解に苦しむ。

ああいう、しれっと始まる番組はもっとあっていいと思う。
バラエティが大盛況で始まるスタイルも、変化したらいいのにね。

 

あとしれっと始まり、意味不明と共感を繰り返す大人気コンテンツといえば。

笑ってはいけないシリーズ。

 

 

意味不明と共感が何時間も続く

斎藤工が突然あらわれ、ジャスティス!!
表面的にはまだ、無理をすれば理解できるかも。
でも何回も出てくる。
もうみたネタなのに、本気でやってくる。
ていうか、なんであの仕事を受けたのか…?とみんな思う。
セクシーで稼いでるんでしょ?!もういいじゃん。
2741でしょ?!
わかったよもうwww 帰りなよwww

という、意味不明さが延々と続く。凄く豪華なゲストがめちゃくちゃな芸を披露していく。
斎藤工は全力だったけど、夷子さんが全力かと言われると…笑
それに対して、笑いを禁じられてる人たちが延々と「なんだこれは……www」という顔をする。
あらびき団と同じ感じで、斎藤工や夷子さんの芸当と、松本さんたちのリアクションはセット。

意味不明を松本さんたちが見てリアクションで共感を呼ぶ。

 

 

無限に話したくなっちゃうからここまでにしよう。とりあえずね。

まあこれがあってるかどうかは全く保証しません。
ただ、今後を占う上で、とりあえず最近なにがウケてるのか?という観察は必要だよね。
みんなの認識の現状を探るというか。
そこへの理解なしに、すぐにウケるものは戦略的には作れないだろうね。

はー、楽しかった!
次回は、夢追い人の芸人さんにも通ずるかも。
ララランドの話をしようかな?

 

こっこに直接質問しよう!
みんなで英語ニュースを読んだり、英語で歌ったり、英語の質問いつでもあり
不真面目ときどき真面目なツイキャスはこちらのアカウントから!
やっている時間などはTwitter@cocoinenフォローでわかります。

こっこに1対1のオンライン相談をしてもらおう!
こちらで、1対1のSkypeオンライン学習相談のチケットを販売しています。
一人一人じっくりお話を聞いて、
英語の目標設定、モチベーション維持、受験相談、各種試験対策…etc を行っています。

この記事を書いた人

こっこ
日本人女性。海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - 未分類, 社会と未来の話