全解説!7000人規模のバズを起こしたよ! データ考察編

      2017/04/14

TOEIC独学830女子、こっこです。

さて本日は、先日わたしが人生で初めて意識的に起こした「Dオタ滅亡論」バズについて、解説しつつ、振り返ります。

バズを起こしてみたいみなさん、
バズに関わったみなさん、
実録と考察をお楽しみください。

!お知らせ!
2017/4/22
こっこに直接、恋愛や欲しいものが手に入るテクニック、英語、旅行のこともなんでもきける会を開催します!
【ブログ、英語、なんでも質問あり!】4/22 直帰率研究報告会+こっこ相談会

滅亡論自体は単に、モヤっと思ってたことを言葉に起こしたまで。
すこしタイミングをはかったら、意図拡散できてしまったという話です。
わたしはその拡散現象のほうに着目しています。
内容自体はよくある経営判断ですし。

狙ったとはいえ、運が良かっただけという面はかなりあります。

知らない方のために一言で説明すると…
「ディズニーリゾートは高所得向けのサービスを開始する構えで、年間パス=年パスでやってきて、もとをとるばかりのディズニーオタク=Dオタはパークから滅亡する」というDオタ滅亡論を唱えました。
その記事…というか主張が、バズった
まぁ炎上ととらえる方もいますね。どちらでもいいです。

主にこの3記事がバズった記事にあたります。興味があったらどうぞ。
バズについてだけ知りたい方は、全部は読まなくていいです。
【ディズニー】ギャラリー→ビビディという決断に怒るDオタは何を考えているの


驚愕】Dオタ滅亡論の予兆が現実に!地蔵と年パスの本当の問題点

滅亡論にDオタ?から「頑張って!」「高圧的で不愉快」

 

 

な、ななせんにん?!?!

ご覧ください。

当初、300人くらいが関わるバズなら上出来ねー、とかおもってました。大誤算。
いままでのアクセスはなんだったのだ…と思うほどのインパクト。
わたしは、いままでとこれからアクセスしてくれる層を大切にしたいですけど。

使ってるデバイス

内訳も見るとiPhoneをはじめとするスマホが多く、若い女性を巻き込んだバズらしい結果です。

こちらも見てください。
デバイス別、ブログのなかの滞在時間。
まずスマホ。

デスクトップ

閲覧時間はパソコンの方が長いという結果。
パソコンがある層がじっくり読んでることに。
全体の年齢と性別分布から考えても、このパソコンが全員、男性や年上とは考えづらい。
若い女性のDオタにもさくっとしかみない大多数・スマホ勢と、じっくりよむ少数派・パソコン勢がいる。

この記事を思い出しました。
いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話 / More Access! More Fun!
ざっくりいうと「若い人はスマホ使いで、狭いコミュ二ティにこもり、あまり広くサーチしない」とのこと。

そう、これは的を射ています。特にコミュニティの狭さ。
彼女らはアカウントを使い分けてもいて、それがまたコミュニティ自体を狭くしている。
DオタアカウントはDオタアカウントとばかり繋がっています。
例えばイケダハヤトさん的な、時代の寵児の名前も流れてきたことは一度もないのです。

ここがまた独特な習性で、しゃべる内容をフォロワーに気を使って決める節があります。
これはまた別記事で書きましょう。

 

 

Dオタの拡散特性を知っていた

彼女らには層全体として明らかな特性があります。

基本構成は日本人女子の20代。
チェーンのように互いが繋がっている。
ディズニーに関するニュースは勿論チェックする層。
パーク内での違反系に敏感で、ルール違反をしたJK(女子高生)のインスタなどを炎上拡散させることが多々ある。

だから、どこに自分の記事をくっつけてリプすれば大人数にみてもらえるのかわかっていました。
今回は、悪質なDオタの被害にあったという方のツイートにリプで貼り付けたことが拡散の種でした。
そういうツイートを待っていました。

ここから、ターゲットをよく知ることの重要性が見えますね。
特に、どんな動機で拡散するのか?ということ。何が楽しくて、何が堪に触るのか?
先ほども書いたように全員がチェーンで繋がってるような状態で、言うなれば赤壁の火刑がかなり効くタイプなんですよ。
(三国志まっただなか、赤壁の戦いで敵の船をつないで火をつける戦法がありました、レッドクリフはまさにその話
金城武ほんとかっこいいよ! 女子必見よ!)

さっきの「若い人がグループに閉じこもり出て来ない説」を信じるなら、こういう閉鎖グループは沢山あるでしょう。
そしてこれを知って、利用されてたまるかと1人がグループから抜け出そうにも、だいたい相互フォローの群れなのでそう簡単にいかないです。
大事な文化を共有する仲間ですからね。
なので、場所を選んで火をつけると回りが滅茶苦茶はやいです。
そういう人たちをどうしたら守れるのか、何をしたらどうなるのかもずっと考えています。

わたしの愛する本の中で最も古い本 孫子兵法をご紹介しておきます。
戦略思考の養われ方が半端じゃないです。
敵を知るだけではなく、地の利(=Twitter)、天の利(=懐古への風向き)。

万能ですよー、この兵法は!
比較対象としてよくあげられるのがクラウゼヴィッツの戦争論ですが、わたしは孫子派ですね。
これについても記事たっぷり使って語りたいです。

 

 

 

記事の書き方

基本ノウハウはこちらで学びました。

まだ東京で消耗してるの?
でおなじみ、イケダハヤトさん。
知らない人は知った方がいいですね。別に彼に同意できなくても。

プラス、ネットに落ちてる記事から情報を得て、わたしに即できそうなことだけやりました。

有料の本で手に入れた情報ですから、売ってる方へのリスペクトの観点からそこまで詳しくは書きません。
わたしが感じた無料コンテンツの闇についてはこちら。
まだ無料のメガネをかけ続けるの?バズって見えた無料コンテンツの闇
オフラインでイチゴのタルトでも買い与え笑、個人的に聞いていただければお話しすることはできます。
捕まえてください!Catch me if you can!!

ただ、ひとつ言うとインパクトの問題は大きい。

 

 

インパクト!!

わたしはすこーし、社会やお金の回り方についても学んでいました。ほんと教養として。
だから今後の社会について何か具体的に論じてみたかった。
今後とは未来。未来の反対は過去です。

Dオタは、思えば、過去についてよく言及する層なのです。
そもそも子供の頃などにアリエルとかディズニー作品を見てる方はかなり多い。
さらに、あの時のショーは最高だったとか比較できるため、懐古的になりやすかった。
現に彼女らが愛していたギャラリーという施設がかつてあり、それは文字通り過去の作品にまつわる展示が多かった。
そのギャラリーを潰して、ディズニーは高所得向けサービスを開始するので、ただでさえ「懐古」というのは、大きなテーマを持った言葉でした。

その過去を重んじる時計を、ギューーンと暴力的に今の残酷な時間まで回す行為なんですね、滅亡論を唱えるのは。
ギャラリーの時間は終わったんだよ!!っていう。

滅亡論に限らず、そういう時間軸への働きかけ、時間軸へのインパクトはどうも人の心に良くも悪くもタッチするのでは?という仮説がわたしの中に最近あります。
それについてはまた今度話しますね。

 

 

主張がバズるという誤算

記事は3つあり、2番目が1番読まれています。
6500人くらいです。
順番に3つ読んだ方も多いでしょう。

なのですが、
今回のバズの明確な拡散数は出せません。
なぜなら、滅亡論に関するわたしの主張を書いた3記事プラス25ツイートくらいが拡散されたからです。

誤算でした。主張という概念ごとごっそり拡散されるとは。
いや、結果的にはどのバズもそうなんですが、1記事にリツイートなどが集中するものと思っていました。

ツイートに関してはまったくバズを意識せず書いたので、だらだらと続いたツイートが多かった。

これはね、ほんとに拡散してくださった方に申し訳ない。
簡潔さはわたしの大きな課題です。
ただ全部、滅亡論に帰結するものだったため、結果概念ごとごっそり出回りました。

また、限られた文字数のツイートが一個だけとりだされ、一人歩きすることもあるんですよね。
25ツイートくらいが、時にグループ、時にバラで拡散されている。
だから、印象的なツイートを書いて、意図せずバズった人は大変だと思いましたね。そこだけを取り出されてしまうわけで。
どんなに人当たり良く書いても、怒る人というのは絶対にいるからね。

 

 

拡散の瞬間を目撃した!!

ある方が「この記事面白い!ww みんな読んで!」的なことを書いてくださった瞬間から、通知がえらいことになりました。
別段、フォロワー数がバケモノというわけではなく、影響力の質の高い方でいらしたのでしょう。
影響力の量と質についても別記事で書きたいです。

 

 

ではきょうはここまで!
まだまだ振り返るよ!

 

全解説!7000人規模のバズを起こしたよ! 結果編

全解説!7000人規模のバズを起こしたよ! 未来の課題編

 

こっこに直接質問しよう!
みんなで英語ニュースを読んだり、英語で歌ったり、英語の質問いつでもあり
不真面目ときどき真面目なツイキャスはこちらのアカウントから!
やっている時間などはTwitter@cocoinenフォローでわかります。

こっこに1対1のオンライン相談をしてもらおう!
こちらで、1対1のSkypeオンライン学習相談のチケットを販売しています。
一人一人じっくりお話を聞いて、
英語の目標設定、モチベーション維持、受験相談、各種試験対策…etc を行っています。

この記事を書いた人

こっこ
日本人女性。海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - ブログ運営, 社会と未来の話