オンライン英会話の効果は?お金をかけるメリットは?TOEIC独学830の反論

      2017/02/11

TOEIC830、こっこです。
今回は、オンライン英会話をやる意味への疑問と、
どうしてもやりたい人向けの有効活用の仕方についてお話しします。

まず、言っておくけど、勉強の仕方は自由です!
オンライン英会話で先生と話して達成感を得るのが好き、とか
もうしっかりした意思をもってオンライン英会話をしているひとはお続けください。継続は力なり、ファイト!
またあなたが大金持ちだった場合、それも好きにしてーとしか言えません。

でもどこかに迷いや疑念があったり、資金を用意できなかったり、どうしたらいいか迷っている人は、ちょっと聞いてください。

わたしはこのブログの発展を願っているので、ブログ運営についてすこし学びました。
で、どうも、記事を書くにあたって、競合調査をしたほうがいいらしい。
つまり似たサイトが何を書いているのか調べて、それより上質な記事を提供する。一理ある。

そこで検索したら…こんなページにたどりつきました。

オンライン英会話でうまく成果が出せる人たちの、3つの共通点【オンライン英会話の講座 #5】 / Rarejob English Lab

どうもこの記事をお書きになった方は実際、
オンライン英会話で学んで、TOEICで高得点をゲットし、ブロガーとなり、本まで出してる。
ブロガーの鑑です、マジ先輩です。尊敬。

しかし、彼のこの記事を読むと、多分この人はオンライン英会話じゃなくても英語できたんじゃん?と思ったのです。

ですからわたしは決して、人の英語を笑いたいわけではない。
そうじゃない、オンライン英会話である必要があったのか?? ということです。

 

 

たくさん話すことは別に無料で出来る

学習の成果を出す人は、英語をたくさん話せるよう工夫しているようです。
教材を使う場合は、レッスン中に教材の意味を理解するのに多くの時間を費やすのを防ぐため、事前に一度は目を通して、英単語の意味を調べておいたり。

仰る通りです。英語は使用頻度。
使わなければ全く伸びないと言っても過言ではありません、特にスピーキング。

しかし、Interpalsitalki、その他アプリなどで、ランゲージエクスチェンジパートナーを見つけて話せばいいのでは?
話題をわざと沢山用意して、単語も調べといて、用意して話しかければいい。

 

 

相手が優しくゆっくり聞いてくれる温床

先生と一般人とでは全然違う、という反論が聞こえてきます。
一般のネイティブは連絡が取れなくなったり、こっちの遅さにイライラしたりもするだろう。
アクセントも違うし、ゆっくり話してくれないかも。
しかし先生なら、ゆっくり話してくれて、こっちが詰まっても待ってくれる、だからオンライン英会話には意味がある。
という、反論です。

まぁたしかにそう。だけどどっちがリアルライフに近いでしょうか?
英会話をやる人たちは先生と話して満足なわけではなくて、
英語の大海原に漕ぎ出したいわけですよね。
そのときどっちが真の姿か…? ということなんです。

どのみち、あなたの英語を待ってくれないネイティブなんて合わないし、待ってくれるネイティブを探せばいいだけでは?
英語の文が書けないからそもそも友達なんて見つからない?
そんなマインドのひとがどうしてその後の会話ができるのですか?
わからないけどめちゃくちゃな文をとりあえずネイティブに送って、
笑って許してくれるネイティブの友達を勝ち取るくらいどん欲でないと、その後の会話が続かないですよね。
最初は誰でもわからないんだから。

オンライン英会話の先生相手でも困ることがあります、わからないところは英語で質問しなければいけません。
それができる人は、そもそもネイティブの友達を作れると思います。
じゃあわざわざ先生を選ぶ意味とは…? と思うのです。
日本人講師という手もありますが、資金が必要になってくるのでは。

文法を教えてくれるから先生の方がいいですか? 日本語で本を読むのと何が違いますか?
英語を英語で理解する点? でも質問ができなかったらどうしますか?
わたしのツイキャスにきて質問しますか?
じゃあ最初から日本語で理解した方が時間的コストもかからなくてよくないですか?

オンラインの先生は何か変だったら直してくれるけど、一般のネイティブはスルーするかも?
確かに。でもやることなすことみんな直されたとしたら、挫折しませんか?
仮に挫折しなくても、全部を完ぺきに直せはしません。
皆最初はみょうちきりんな英語を話すのです。それなら同じでは。

大丈夫!やさしい先生みつける!というひとはそれでいいと思います。
でも、そういう先生は人気があって、希望の時間にとれる保証はないかもしれない。

ネイティブの友達を作っても時差はあります。
だから他人依存になってしまうアウトプット行為はそもそも思い通りに行くことなんて、まずない。それは同じ。
同じなら…何でお金をかけてオンライン英会話をするのでしょうか。

アクセントが心配ですか? アメリカンがよければアメリカの友達を作ったらよくないですか?
というかむしろ、オンライン英会話で圧倒的に多いフィリピンの先生は当然フィリピン訛りが入っていますが、
それはいいのでしょうか??

 

 

課外学習は絶対に必要

うまくいく人の共通点 2:
レッスン外のインプット学習と個人練習を重視している

ふむふむ。賛成です。

TOEIC、洋書、洋画、ポッドキャストなど、何かしら別の学習に時間を割いて大量のインプットをおこない、自分一人で英語を口に出す個人練習にも、しっかり取り組む。
それらとオンライン英会話を組み合わせることで、英語を使えるようになる人が多いです。

つまり、彼と私の意見は一致していて、1日30分から1時間程度の英会話だけでは到底のびっこないということです。
時間をかけて大量のインプットをして、それを何らかの形でアウトプットすることがとても大事。
本当にそう思う。
そのアウトプットは、たまたま彼がオンライン英会話を選んだだけ。

彼のオススメは
「オンライン英会話以外の時間で膨大な時間をかけて手に入れたインプットを
オンライン英会話でアウトプットすることで英語学習を100点にする」というものです。
決して、オンライン英会話一本だというわけではないのです。

思ってたのと違う…と感じる人多くないですか?
楽しく話していればできるようになるのではないのか… 残念ながら無理だと思います。

そんな粘り強い学習ができる人は、文法を日本語で理解し、ネイティブの友達を作り、実践できたと思うのです。
そう言う人のパワーの前では、英語で英語を理解するとか、日本語で英語を理解するとか、そんな差は微々たるもんです。
結局わかれば通った道はなんでもいいですよね。

なんでもいいなら、最初からお金をたくさん使わなくてもよいのでは。

 

 

結局は継続するかどうか

うまくいく人の共通点 3:
半年〜1年以上続けている

でたー、継続!全くもってその通り!

だからこそ、オンライン英会話を始めた後、活用方法に迷ったり、続かない人も少なくありません。
英語の目的や目指すレベル、必要なスキルは、人によってさまざまですが、オンライン英会話で英語を身につけていける人の共通点として挙げられるのは、少なくとも半年、概ね1年以上は続けていることです。

つまり彼のオススメはまとめるとこうです。
オンライン英会話以外のところで大量にインプット
それを同時にオンライン英会話でアウトプットし英語学習を仕上げる
それを半年から1年続ける

インプットの時間が圧倒的に多いじゃん!そりゃそうだ!
結局はそれをやらなければどんなにオンライン英会話で話しても、伸びづらいということです。
続かない人も少なくない、と彼が言うのはそういうことでしょう。

続かない理由はこの場合なんでしょうか?
・先生の言ってること(特にわからないとまずい文法とか)が分からない → なら日本語でしっかり理解した方がいい
・英語で質問できない → じゃあネイティブの友達と状況は同じだと思う
・お金がかかる → 友達やランゲージエクスチェンジパートナーならかからないよ、win-win
・時間が取れない → そもそも用意できる時間の限界を見つめなおした方がいい
こんなところでしょうか。

わたしがさっきからピーピー騒いでいる
「ネイティブのパートナーをつくり、日本語でしっかり文法理解し、膨大なインプットをして、アウトプットする作戦」なら
これらの問題も全解決ではないでしょうか?

 

 

継続の恐怖

またこの継続の落とし穴は、「続ければ続けるほどお金がかかる」という点です。
本で勉強するなら一回の投資で済みます。
2000円の本を4ヶ月かけてやりこんだら実質月500円。
しかしオンライン英会話はどんなに安くても、それが減りはしない、倍々になっていくわけです。

忙しい方は時間が取れる月と取れない月があったり、仕方ないですよね?
そのとき先生がちゃんと空いている保証はないし…
チケットを無駄にしない保証もないし…

自分の場合のコストパフォーマンスを考えたら、本当にいいでしょうか?

もしお金をかけたくなかったらスピード感を持ってマスターしなければいけない。
そんな風に自分を追い込んで、楽しくやれますかね?

 

 

それでもオンライン英会話をやってみたかったら

冒頭でも述べたように、どんな勉強をしようと自由です。
どうしてもやってみたいなら、
とりあえず2000円前後の日本語で書かれた文法書をやりこんでからにしてはどうでしょうか?
中三までの文法書でいいです。簡単なやつ。
わたしのおすすめはこちら。かなーりわかりやすいです。
中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

その間のアウトプットの方法は、わたしがいろいろと紹介しています。

それすら続かない人はオンライン英会話もかなり厳しいでしょう。
文法にとりあえずの疑問はない状態で始めたほうがスムーズですし、時間も無駄になりません。

そしてわたしが取り上げた記事のいうとおり、
膨大なインプットをして、それをオンライン英会話で使って昇華してはどうでしょうか?

しかしそれができるころには、
ネイティブの友達も作れますから、そんなにオンライン英会話に頼りきることもないでしょう。

続くかどうか不安?

では、わたしからガッツに火が付く言葉を差し上げましょう。

「あなたが話せなければ話せないほど、オンライン英会話はザクザク儲かる
にこやかな先生のその後ろに、ほくそ笑んでる日本人がいるかもしれないゾ」

さあ、がんばーっ!

 

さて、いかがでしたでしょうか。
簡単に言えば、英会話の教室が謳っている、
「話してるうちになんか英語の世界が勝手に開けてきたーっ」的な展開は
1日30分から1時間程度ではかなり厳しいということです。

どのみち努力をするんなら、オンライン英会話にコストをかける意味がどのくらいあるのか?
ということを言いたかったのでした。

そういえば当初の目的の競合調査は「わたしと言ってることが全然違う!」という結論となって終わりました。
この場合どうしたらいいの? プロブロガーのみなさん。笑

次回は、英語にお金をかけるな!という記事を書きたいと思います。

 

こっこに直接質問しよう!
みんなで英語ニュースを読んだり、英語で歌ったり、英語の質問いつでもあり
不真面目ときどき真面目なツイキャスはこちらのアカウントから!
やっている時間などはTwitter@cocoinenフォローでわかります。

こっこに1対1のオンライン相談をしてもらおう!
こちらで、1対1のSkypeオンライン学習相談のチケットを販売しています。
一人一人じっくりお話を聞いて、
英語の目標設定、モチベーション維持、受験相談、各種試験対策…etc を行っています。

 

この記事を書いた人


こっこ
日本人女性。海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - 英語