英語、オランダ語を完全独学で、オランダ移住を志した4つのステップ

      2017/01/31

こっこです。
きょうはちょっとおしらせといいますか、
みなさんに言って自分を追い込みたいことがあるので
良かったら読んでください。

結論から言うと、
オランダ移住を視野に入れた、英語のブラッシュアップとオランダ語の習得をします。

理由はたくさんあります。

 

①自分の英語を見つめなおした

ほんとうに、何も考えずに、TOEIC830をとりました。
フリーの先生でいるなら、高けりゃ高いほどいいだろ、よっしゃーと思って。
→英語学習の経緯をまとめたビデオ「#3 留学無しでそこそこの英語TOEIC830 Why I can speak English without living abroad? 日本語字幕有り 」はこちら
興味関心も英語寄りになってきて、
英語を話さない日本の人にその興味を外国かぶれみたいに笑われたりして、あれ?と思いました。

こんなに英語に傾倒する予定だったっけ?と。

イメージではTOEICで点は取れても話せないままの日本人でいるだろうと思っていたのに、
lineとか電話で、かなりの頻度で英語を使っています。
英語で話す、仲のいい友人も出来ました。
こんなふうにアイデンティティに英語が密接になると思ってなかった。

すこし悩みました。
独学で、日本以外住んだことないのに、留学もしてないのに、
こうなった女の子はまわりにはいない。
男の子ならユーチューバーにいて、すごいストイックにやってる。
何も考えないでぼーっとゆるくやってたわたしとまた彼らも違って、
変なのかな、とか、これ以上笑われるのはいやだとか。

そう考えて、英語を話すことについて色んな人の意見を取集すると、
「英語を話さないのも選択だ、文化があるんだ、少しは考えて話せよ」と言ってくるのも、
「英語話せるのなんか普通だ、830なんか特別じゃない、思い上がんな」と言ってくるのも、
日本人だけでした。
全員がそうではありませんが、他人のスキルに対して冷ややかな傾向はどこかにあった。

海外の方はほぼ同じ意見で
「すっげー!独学なの、どうやったの?」
「それもうお前の第二言語だってことだよ、かっけーじゃーん」
なのです。

TOEIC830という数字も、社会的にどうなのか見つめなおしました。
すると600から海外出張とか、700から外資系とか、そんな傾向も見えてきて
だからみんなTOEICやるんだな…と当たり前のことを知りました。

 

②働くことについて考えた

具合を悪くしていて大卒が遅れたわたくしも、あと一年で卒業できそうです。
迷惑をかけた親にも、来年から働くと言っていました。
このまま先生を続けてもいいし、就職も…なんて考えていました。

しかし、ご存じのとおり日本は暮らすにはいいけど、働くには地獄だと言われることもある国。
Twitterには、休めない、残業つらい、残業代でない…
そんなツイートばっかりです。会社を愛している、今の仕事好き、というツイートは少ない。

また、ある笑い話で、
世界中に支社がある会社のネットワークにアクセスすると日本人はいつでもオンラインだよね笑というのがあります。

また、むかしスペイン人の画商さんが
「東京は夜景がきれいだけど、これだけみんなまだ働いてるってことだよね」
と言っていたのも、忘れられません。

昔付き合っていた男性も、7時に家を出て、23時に帰宅なんて当たり前、
休日出勤もありありでわたしと会えないこともしばしば、
その忙しさを理由になにも向上しようとしない、その気力も疲れてて湧かない状況でした。

そしてつい昨日、丸善の一階の、まぁいいめの場所にあった本の帯に
「40代からは定時で帰ろう!」と書いてありました。

わたしが仮に、どんなに日本で英語を使うような、
例えば外国人つき秘書とかになれたとしても
日本のあの異常な通勤電車には乗れないし。

日本で働いている人はみんなすごいな、と思います。
わたしにはできそうにないな、とも。

 

③オランダ移住の可能性と、日本での生活を考え直した

そんな時、オランダは日本人が就労許可を得やすいという情報を耳にしました。
調べてみると確かに去年まで特別な許可なく日本人は働けていた模様。(今後どうなるか不明)
求人も調べてみて、日本語を使った仕事もわずかながらあり、勿論英語だけの仕事もありました。
不動産も調べて、家具付きで超狭くてよければ安いところもあると知りました。

10時から17時の仕事が多くて、残業の概念はあまりないと聞くし、
ワークライフバランスへの意識は日本より高いと聞きます。

全部とんとん拍子に行くなんて甘いことは考えてないけど、できない話じゃない。
それがわたしの印象でした。

考えてみると、わたしは都内のとても便利なところに住んでいますが、
休みの日、一歩も街を出ないのです。
Twitter、ツイキャス、YouTube、ブログ…そのへんの更新を通じて、
世界の英語や日本に興味のある人たちとつながっていられれば満足で
夜な夜な渋谷に繰り出したり、電車を乗り継いでどこかへ遊びに出たり、そんなことしてない。
習い事も、運動も、地域に根差したなにかも、全くやってない。

広い家も、すごいお金も別に欲しくない。ペットもいない。
洋服もほとんど買わない。好きなブランドもこだわりもない。
本もキンドルでいいし。好きな食べ物はじゃがいもだし。

仕事だって、英語を教える上で別にオフラインである意味はあまりない。
オランダは電車の遅延とか多いと聞くけど、そもそも家を出ないんだから、日本でだって。

大親友、親、好きな人と物理的に離れてしまうこと以外、困ることが思いつかない。

 

④Operation Netherlands

とりあえず、オランダ移住をシュミレーションしてみました。
名付けて、Operation Netherlands、オランダ作戦。

オランダ語が話せると、仕事の幅はぐっと増えます。
だから、オランダ語はできるようになりたい。そして当然、英語のブラッシュアップも必要。
そこから考えた作戦はこうです。

英語でオランダ語を学ぶ。英語の徹底的なブラッシュアップ。
夏、ヨーロッパに行く予定があるので、行き先をオランダに設定。見てくる。
いまから一年後、英語はfluentに、オランダ語はintermediateくらいにする。
大卒が見えたら、90日間の滞在猶予中に住む場所、就労許可をゲット
オンラインで英語を教えながら、(英日二言語だけでできる仕事から始める?)
オランダ語の多読を開始。
オランダ語も混ぜた三言語体制でできる仕事があれば探す

制度が変わって、日本人でも就労許可が必要になりましたし、
今後どうなるのか、フリーランス登録していても、バイトみたいなことできるのか?
そのあたりがまだわたしの場合はっきりしていませんが、それは別に一年後考えてもいいことです。
ていうか、一年後にならないと一年後のフレッシュな情報が手に入らない

この作戦の③までは、日本で行いますし、その時点まではノーリスクです。
わたしは言語学習にまずお金をかけないし、
何かの理由で就労できなかったら帰ってきて先生を続けることが可能だし、
就労できるならしたらいいと思います。

この作戦を中止しても、流暢な英語とまあまあのオランダ語が残るだけで何も失わない。
むしろ、海外に住むという危機感が、わたしの英語を育てるなら御の字。

なら、やってみたい。
色んなこと言う人がいるでしょう、海外舐めんな、みたいな。
そういう方はウィンドウをばすっと閉じてください。

 

まとめ

そういうわけで、勉強を開始します。
海外への何となくのあこがれで決めたわけではないのです。
住んだら楽とも思ってません、どんな仕事も当たり前に大変です。
けれど、だからこそ、サービス残業とか、そういう概念のないところで苦労して働きたい。

母は応援してくれてますが、父からはメールの返事待ちだし。
だからどうなるのかは全く分かりません、反対に合ってやめるかも。
でも上記の通りべつに、日本を発つ前ならいつやめてもリスクはないし。

むこう一年の大きな目標と危機感ができて、よかったんじゃないかと思っています。

今後、オランダ語学習もどんどんリポートします。
オランダ語をやる人は少ないだろうけど、外国語学習の参考にはなるかもしれません。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

こっこに直接質問しよう!
みんなで英語ニュースを読んだり、英語で歌ったり、英語の質問いつでもあり
不真面目ときどき真面目なツイキャスはこちらのアカウントから!
やっている時間などはTwitter@cocoinenフォローでわかります。

こっこに1対1のオンライン授業をしてもらおう!
こちらで、1対1のSkypeオンライン授業のチケットを販売しています。
一人一人じっくりお話を聞いて、
英語の目標設定、モチベーション維持、受験相談、各種試験対策…etc を行っています。



この記事を書いた人

こっこ

日本人女性。海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - オランダ移住計画