海外旅行女一人旅歴10年のわたしの、街歩きカバンの中身大公開 スマホ防犯も

      2017/03/25

海外一人旅女子歴10年目。
こっこです。

さて、街歩き用カバンにキャスキッドソンを激推ししたわたしですが
そのカバンの中身は? どうやって整理しているの?
そして旅行最大のジレンマ「スマホを簡単に取り出せるようにしつつ防犯する方法とは?」
という疑問にお答えしたいと思います。

では早速、
2016年大晦日から2017年1月6日までの7日間
インドネシアはバリ島に行ってきた時のカバンの中身を公開したいと思います。
こっこの旅を一気に見るにはこちら
コンビニ気分で海外へ シリーズまとめ
 

最低限これで海外へ行けてしまうぞ

上段左から
①A5クリアファイル(中身 eチケット、保険証書、パスポートのコピー)
②読み物 BRIDGET JONES’S DIARY「ブリジット・ジョーンズの日記」
③保険加入時にもらった携帯ブック
④タオル
⑤ポーチ(中身 薬、軽めの生理用品、簡単な化粧品)
⑥バッテリー+iPhoneコネクタ
⑦円を入れる財布
⑧ルピアを入れる財布
⑨旅のお供モネ君
⑩パスポート
⑪フリクションと普通のボールペン
⑫魔法の旅ノート

※レンタルなためここには載っていませんが
Wi-Fiルーターもルーターだけセットから取り出して、手荷物にいれています。

 

一個一個みていきましょう!

 

①A5クリアファイル(中身 eチケット、保険証書、パスポートのコピー)

これ自体はたしか雑誌の付録です。

eチケットは空港のカウンターなどでよく使いますね。
なのですぐに取り出せるように、一番外側にいれたりすると良いでしょう。

その後こまこました、なにかのお知らせ、チラシ、ラウンジの案内なども
ぜーんぶここに入れてしまいます。
ボーディングパス=航空券以外の紙は全部ここと決めてしまえば楽ちんです。

 

②読み物 BRIDGET JONES’S DIARY「ブリジット・ジョーンズの日記」

日本でも公開された有名作品ですね。

わたしはこのようなペーパーバックの洋書ほど旅に適したものはないと思います。
軽いし、情報量も多い。読み終わったら捨てて帰るという選択肢すらある。

あるいはiPhoneなどのデバイスに電子書籍をたくさん入れてしまうのも手ですよね。

 

③保険加入時にもらった携帯ブック

これのように携帯を促されたものは素直にバッチリ携帯しましょう。

 

④ハンドタオル

ローラアシュレイのものです。たまたま。
洗い替えはスーツケースに入れればいいので一枚です。
吸水性のいいものがよいかと思います。

わたしは着物で行ったので、食事のとき帯にはさんだりしました。

 

⑤ポーチ(中身 薬、軽めの生理用品、簡単な化粧品)

ローラアシュレイのポーチです。
細かいものはみんなここに入れてしまいます。何を入れるのも自由。

薬、軽めの生理用品(フルフラットのビジネスに乗るときは夜用もしっかりと)
簡単な化粧品(液体物が含まれる場合は専用の袋に入れてください)など。
携帯歯ブラシなども入れてもいいですね。
ビジネスに乗る場合はアメニティに含まれているものもありますから
事前チェックしておくと被らなくていいです。

ちなみにこのポーチ、
リゾート内で鍵とスマホとルーターを持ち歩くクラッチバックのように使うこともできて本当に便利でした。

 

⑥バッテリー+iPhoneコネクタ

無印良品のバッテリーと、それをiPhoneに接続するコードです。
このように巻き取り式で便利です。

ビジネスに乗る場合はUSBポートから電源が確保できるので、
バッテリーを使わずに済みますね。
バッテリーをチャージするためのコードも持っているとさらにいいかもしれません。

 

⑦円を入れる財布

左が円、右がルピア

無印良品のコインや数枚のカードを入れておけるケースです。
ここに、
・クレジットカード
・finnair plusカード(提示するとマイルが貯まるやつですね、そのフィンエアー版)
・小さく折った紙幣
・Neo moneyカード(後日べつの記事で詳しく触れますが、海外用プリペイドカードです)
・空港までの往復の金額をチャージしたSuicaなど
だけを入れて軽くしていきます。

円サイフは空港までの日本での移動、食事などの簡単な買い物に主に使います
ですから飛行機に乗ってしまったら、防犯の意味もこめ、奥深くにしまってしまいました。

 

⑧ルピアを入れる財布

インドネシアの現地通貨ルピアを入れておくサイフです。
昔使っていたボロボロの財布をわざと選んでいます。
なぜならこれは海外で持ち歩くものだから、
ピカピカの高級財布なんて盗ってくれと言ってるようなものです。

今回の旅のケースでは、
ルピアを出すタイミングは帰りの空港で少ない人数にお土産を買う時だけの予定だったので、
対した金額を入れずにいました。日本円で5000円もないですね。

しかし、これが街歩きをバンバンするような旅で、現地通貨をたくさん使うよと言うときは
Neo moneyに多めの金額をチャージして現地通貨財布に入れておくことをお勧めします。
Neo moneyについては近日中に別記事で必ず触れますね。

 

⑨旅のお供モネ君

ちゃっかり普通に映り込んでいるコイツは、モネ君といって
汚れっぽくないグレー、しっかりした縫製、軽い体重などから
海外旅のお供として、ベルギーでスカウトしました。笑
彼の座席はカバンの中、常に広々ファーストクラスです。。。

 

⑩パスポート

言わずもがなパスポート。
無くした場合に備えて、パスポートのコピーと、顔写真を持っておくといいですよ。
いい機会ですから、みなさん自分のパスポートを取り出して有効期限をチェックしては。

これを

閉じたのがこれ

こういうポーチ?に入れて、
わたしはカバンにくっつけています。

カバンにつける

搭乗券をもらった後はパスポートにはさんで一緒に携帯。

パスポートと搭乗券は本当にいつまでもどこまでも登場頻度の高いアイテムです。
すぐに出せるように、しかし盗られないようにしましょう。

 

⑪フリクションと普通のボールペン

フリクションは自分が何かメモをしたりするときに、一番使いやすいので持っています。
普通のボールペンは、税関や入国審査書類に書きこむときや
日本などに向けて手紙を書くときに必ず使用します。
フリクションでは機械などに通されたとき、熱で消えてしまう恐れがあります。

 

⑫魔法の旅ノート

怪しげな魔法のノート

これも別記事でしっかりと触れますが、
わたしが考案した(というほどの事でもないが)、旅の情報を一元化できるノートです。
物自体は無印良品のパスポートノートというものを今回は使用しています。

簡単に説明すると、
旅程、持ち物チェック表、ガイドブックの切り抜きやコピー、美味しそうなお店の情報
緊急連絡先、手紙の送り先…など、これさえ参照すれば自分の理想の旅に近づけるという魔法のノートです。

これも使いこなすと、使用頻度はすごく高いので取り出しやすい位置に入れておきます。

 

今回の持ち物は以上になります。

 

あると便利な他のもの

他にもあると便利なものとしては

液体物持ち込み用ビニール袋

→液体物を持ち込む際にはこれに入れましょう。

ノイズキャンセリングイヤホン

→機内の雑音対策として非常に優秀です。おすすめはBOSEのQuiet Comfortです。
値段にドン引きされると思いますが、量販店で試すとわかります。
訪れる静寂にびっくりします。

エコバッグ

→ショッピングバッグを手に入れるのに有料という国もありますからね。

大判ストール(アクリルなど)
→わたしは機内持ち込みサイズのスーツケースの持ち手に括り付けていたので、
ここには載っていないわけですが、ストールはとても便利です。
飛行機の機内温度が自分にとって寒い場合も多々あるので、
調節用に自分のストールと飛行機の毛布があれば強いです。

 

防犯対策できてる? スマホを守れ

さて、最後にわたしがお伝えしたいのは、
写真を撮ったりネットにつないだりするスマホをいかに守り、取り出しやすくするか。

守りすぎると取り出しづらい、
出しやすくしすぎると守れない。

このジレンマのあいだで私が生み出したのが、これです。

ぴったり目の透明なシリコン的なスマホケースに、
防犯コードをつけて、鞄にくっつけています。

これをやっておくメリットは二点。
あれ、スマホどこにいったかなということがまずなくなるので
写真など撮りたい時にスムーズです。
そして裸でどこかの外側のポケットにいれておくよりはるかにスリづらい

前はもっと、コードに鉄が入っていて、南京錠みたいなのが付いているヤバイやつを使っていました。
iPhone6にしてからそのサイズのものが無くなってしまったので現在のスタイルになりましたが
そのくらいの防犯意識は今も持ち合わせています。
女の一人旅です、何があっても一人で対処できなくてはいけませんから。

 

いかがでしたでしょうか?
わたしが海外一人旅でどんなものを手荷物にいれているのか、お分かりいただけたかと思います。

では、わたしが海外に絶対にもっていかないものがあるとしたら
それは何なのでしょうか?

次回の記事ではその点について触れたいと思います。

こっこの旅を一気に見るにはこちら
コンビニ気分で海外へ シリーズまとめ
 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

こっこ
日本人女性。海外一人旅を繰り返すこと10年目。
好きなものはビジネスクラス、一人旅、英語、ディズニー、箱根駅伝、着物を着ることなど!

英語は完全独学でただいまTOEIC830(2017.01現在)、外国人の友達とlineをして楽しむ毎日。
もっと詳しい自己紹介はこちら

 - 未分類, 海外旅行、お役立ち情報, 解決!飛行機の疑問